【読書メモ】なぜ一流の人はみな「眠り」にこだわるのか?

この記事は約1分で読めます。
スポンサーリンク

・「質の高い睡眠」への関心があらゆる年代に広がっている

・短い睡眠で、ダラダラ働く→ぐっすり眠って、集中して働く

・睡眠時間が短いほうが太りやすい

・睡眠時間こそ1日の始まりである

・睡眠時間を1日のコアタイムにする

・「明日は◯時に起きよう」と寝床に入るときには起床時刻を明確に意識しておく

・何時に寝ても、起きる時間を一定にする

・昼食をとるとらないに関わらず、人間は昼下がりに眠くなるのが自然

・昼食後に、コーヒーや緑茶などのカフェインを取り、15~20分ほどの短い昼寝をとる

・眠りに入る数時間前に運動をして体温を上げておく

・夕食は就寝2~3時間前には終わらせる

・就寝タイムの1~2時間ほど前から、室内の照度を少し落とす

・カーテンを開けて朝日が入るようにしてから寝る

・午前中に一日の仕事の大半を終わらせる

・明るい光は眠気を促すメラトニンというホルモンを抑制する→朝から陽の光を浴びる

・朝食は毎日必ず取る

なぜ一流の人はみな「眠り」にこだわるのか? | 岩田 アリチカ | ビジネス・経済 | Kindleストア | Amazon
Amazonで岩田 アリチカのなぜ一流の人はみな「眠り」にこだわるのか?。アマゾンならポイント還元本が多数。一度購入いただいた電子書籍は、KindleおよびFire端末、スマートフォンやタブレットなど、様々な端末でもお楽しみいただけます。
タイトルとURLをコピーしました