【読書メモ】僕らはSNSでモノを買う/飯高悠太

僕らはSNSでモノを買う 仕事
この記事は約5分で読めます。
スポンサーリンク

飯高悠太さんの「僕らはSNSでモノを買う」を読了。SNSマーケティング、コンテンツマーケティングの本質を丁寧にイチから学べるめちゃくちゃいい本でした。

Amazon.co.jp: 僕らはSNSでものを買う eBook: 飯髙悠太: Kindleストア
Amazon.co.jp: 僕らはSNSでものを買う eBook: 飯髙悠太: Kindleストア
スポンサーリンク

情報砂の一粒時代

・「この商品を買いたい」と思って検索をしてくる層、つまり顕在化している顧客を相手にするだけでは、この少子高齢化の時代でマーケットが広がらない。

・検索ワードの争うライバルが増えるほど、SEO対策やリスティング広告は難しくなる。

・SEO対策やリスティング広告だけではなく、それ以外の方法で顧客にアプローチする手段が必要。

・現代は「情報砂の一粒時代」と呼ばれ、情報の99%は届かないと言われている。

友人・知人からの影響力が最も高い

・どの国でも、家族・友人・知人からの影響力が最も大きな統計結果が出ている。

・どれほど情報が届きにくい時代になったとしても、家族や友人、知人の言葉は、ユーザーにちゃんと届く。

・良い口コミをもらうことが一番大事で、ユーザーが企業や組織のしがらみなく、自然と発生させる口コミのことをUGC(User Generate Contents)と呼ぶ。

UGCがなぜ大事か?

・指名検索が増える。

・口コミが商品名やブランド名の検索数に影響を与える。

・UGCは、情報の信頼性が高い。

・UGCは、行動転換(態度変容)が起こりやすい。

・UGCは、シェアされやすい。

・SNSマーケティングの鍵はUGCである。

フォロワーの質が大切

・フォロワーを増やすことは手段であって、目的ではない。

・どれだけ多くのユーザーに情報が届くか(インプレッション)、インプレッションがどれだけ購入につながっているかが大切。

・フォロワーを増やすだけではなくフォロワーの質が大切。

・SNSマーケティングとは、自社アカウントの運営だけを指すわけではない。

自社アカウントだけではなくUGCを起点としたマーケティング

・SNS時代の情報の伝播は「1:n」の発想ではない。なぜなら、ユーザー全員がコンテンツの作り手になりうるから。

・8000万人もの”パーソナルメディア”にどう取り上げてもらうか、どう広げてもらうかを考えるのがUGCを起点にしたSNSマーケティング。

・UGCが生まれやすい企画を考える。

・生まれたUGCを効果的に広げる。

・見込み客は、その商品の情報に触れれば触れるほど、購入する確率が上がる。(単純接触効果)

・UGCでアテンションを増やす方法は、一過性で瞬間的なバズではなく「この商品が良かった」という口コミを発生させて蓄積させる。

まずはTwitterから

・SNSの中でもUGCを軸にしたマーケティングがしやすいのは、Twitter。

・Twitterで売上をアップできるかどうかは、UGCがあるかどうか、指名検索があるかどうかで判断できる。

ULSASS

・UGC(口コミ)→Like(いいね)→Search(SNS)→Search(Google)→Action(購買)→Spread(拡散)

・SNSで検索をするユーザーはどんどん増えている。

・UGCで口コミが生まれ、それに共感したユーザーはまずSNSでその商品やサービス名を指名検索する。

・ULSSASの起点となるUGCを生み出し、効果的に広げることが大切。

UGCを身近な知人の中で連鎖させる

・Twitterは物理的に近い距離の人同士がつながっている。

・情報は、インフルエンサーではなく鎖のようにつながって拡散される。

・リアルな関係に近い濃密なつながりのことを「スモールストロングタイ(小さくて強いつながり)」と言う。

・スモール・ストロング・タイの連鎖でUGCが広まると、それは他の情報よりもずっと信頼され、購買につなが率も高くなる。

・SNSマーケティングで売上をアップさせる一番のポイントは、顧客にとってよい商品やサービスを磨き上げること。

コンテンツマーケティング

・UGCが自然発生しないときは、コンテンツマーケティングが重要。

・メディアに取り上げてもらったり、記事広告を出向するのもコンテンツマーケティング。

・公式アカウントが投稿することでUGCが発生することもある。

・コンテンツマーケティングとSNSマーケティングは相性が良い。

・コンテンツマーケティングは、潜在顧客層にアプローチできる。

・コンテンツマーケティングは、商品購入の可能性のある顧客の育成や、購入直前の顧客の後押しの役割も担う。

・オウンドメディアの一番の目的は、それらの広告で届かない層にリーチすること。

・間接的なコンバージョンへの貢献が評価ポイントになる。

ペルソナ

・マーケティング用語でいうペルソナとは、この商品やサービスを使う典型的なユーザー像のこと。

・この人の悩みを解決する記事はどんな記事だろう?このペルソナはこの記事を好きだろうか?嫌いだろうか?という視点で考えることができる。

・これからの時代のニーズは、「狭く深く」にシフトしていく。

・自分たちの専門領域について、深く伝えてそれを本当に必要としてくれている人に届ける。

Amazon.co.jp: 僕らはSNSでものを買う eBook: 飯髙悠太: Kindleストア
Amazon.co.jp: 僕らはSNSでものを買う eBook: 飯髙悠太: Kindleストア

コメント

タイトルとURLをコピーしました