うらたくのストレングスファインダー結果まとめ

仕事
この記事は約12分で読めます。
スポンサーリンク

こんにちは!うらたくです。

今回は最近受けたストレングスファインダーの結果についてまとめていきます。

この記事を読んで、少しでも僕のことを知って頂けると嬉しいなと思っています。

スポンサーリンク

この記事を読むメリット

①ストレングスファインダーとは何か?が理解できる

②ストレングスファインダーを受けるとどんな結果が得られるのか?がわかる

③うらたくのストレングスファインダーにおける強みがわかる

ストレングスファインダーとは?

ストレングスファインダーは「人は自分の弱みを改善するよりも、自分の強みに意識を向けそれを活かすことで最大の能力を発揮する」という考え方に基づいて開発された、強みを発見するツールです。

ギャラップ社という、従業員エンゲージメントや組織開発・人材開発における事業を展開している会社が提供しているツールで、日本においてのビジネスパーソンの中で最も有名な診断です。

30分程度のストレングスファインダー診断を受けると、ギャラップ社が分類する34の強みのうち、自分に最も当てはまる上位5つの強みとそれに関する解説を見ることができます。

診断は有料で、こちらのギャラップ公式サイト書籍についてあるシリアルコードをwebで入力することで診断を受けることができます。

書籍のシリアルコードに関しては1冊につき1個で、一度使ったコードはもう使えなくなるため、中古ではなく新品で書籍を購入する必要があります。(個人的にはストレングスファインダーの使い方まで詳細の解説がついている書籍で受けるのがおすすめです)

さあ、才能(じぶん)に目覚めよう 新版 ストレングス・ファインダー2.0 | トム・ラス, 古屋博子 |本 | 通販 | Amazon
Amazonでトム・ラス, 古屋博子のさあ、才能(じぶん)に目覚めよう 新版 ストレングス・ファインダー2.0。アマゾンならポイント還元本が多数。トム・ラス, 古屋博子作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。またさあ、才能(じぶん)に目覚めよう 新版 ストレングス・ファインダー2.0もアマゾン配送商品なら通常配送...

さらに、34つの資質を全て見ることができる完全版のようなプランがあり、差額を追加で課金すれば上位5つだけではなく全ての資質の順位を確認することができます。

料金まとめ※2020/03/10時点
書籍のシリアルコード:1,980円
ギャラップ公式サイト:2,340円
・34つ全ての資質が見れるプラン:5,850円※WEBで差額を支払うと結果が見れる
ちなみに僕は、書籍を購入してシリアルコードを使って診断を受け、WEBサイトから差額を課金して34つ全ての資質を見れるようにしています。

うらたくの診断結果1位~34位まで全て公開

ストレングスファインダーを受けた結果、僕の強みはこのように診断されました。

1 戦略性
2 活発性
3 個別化
4 最上志向
5 自我
6 自己確信
7 アレンジ
8 競争性
9 コミュニケーション
10 指令性
11 親密性
12 責任感
13 着想
14 未来志向
15 目標志向
16 学習欲
17 分析思考
18 共感性
19 内省
20 ポジティブ
21 収集心
22 適応性
23 規律性
24 社交性
25 達成欲
26 成長促進
27 包含
28 信念
29 原点思考
30 慎重さ
31 調和性
32 回復志向
33 公平性
34 運命思考

全体の分析

この34の資質は大きく「影響力」「戦略的思考力」「人間関係構築力」「実行力」の4つの特徴に分類されます。

僕は上位10の強みのうち7つが「影響力」に入っており、全体のバランスを見ても完全に「影響力」が強めの人間です。その次に戦略的思考力、人間関係構築力、最後に最も弱いのが実行力となります。

ちなみに先日受けたワークによると、黄色の影響力資質は端的に言うと「松岡修造」とのことでした。

暑苦しくてエネルギッシュな松岡修造タイプと覚えて下さいw

次に、11位~20位に位置する中位資質に戦略的思考力がたくさんランクインしていることと、全体での1位が「戦略性」だったこともあり、赤色の戦略的思考力が影響力の次に強い資質となっています。

ここからは最も強くその人の特徴を表していると言われる、上位5つの資質について見ていこうと思います。

ストレングスファインダーを受けると、それぞれの解説レポートを受け取ることができるので、そこに書いていた内容を抜粋して紹介していきます。

1位:戦略性

戦略性という資質を持つ人は、目的に向かうための選択肢を想定することができます。いかなる想定に直面し ようとも、適切なパターンと問題点を直ちに予測することができます。

「戦略性」の特徴

・最終の目的に合った最善の道筋を発見することができる。
・他の人には複雑に見えるものでも単純化してパターン化することができる。
・あらゆる選択肢のシナリオの最後まで想像し、先を読むことができる。
・いかなるときでも、適切なパターンや障害の危険性、問題点を直ちに予測することができる。
・自分の考えていることや感じていることを言葉にするのがうまく、話力を評価される傾向にある。
・妥当で建設的な自分のアイデアを示すことができる。
・自分だけでなく、他の人にも考慮してもらえるような選択肢をたくさん示すことかできる。
議論が好きで、意見交換により思考が刺激される。
・事前に数々のアイデアを生み出しておき、最も意味のあるアイデアを選択することができる。
・本能的に、素早くアイデアを生み出すことができる。
・事実、出来事、人、問題、の繋がりをうまく引き出し、解決策に導くことができる。
・人よりも早いペースで数多くの選択肢を提示することができ、グループの中で会話が発展することがよくある

「戦略性」の注意点

・あまりに自然に簡単に選択肢を考えるので、どうやってその戦略を思いついたのか覚えていないこともあります。
・他の人と一緒に仕事をする場面では、「戦略性」の才能が批判と間違われることがあります。
・他の人があなたの思考プロセスについていくことも、理解することも難しい場合もあります。

「戦略性」でうらたくを理解するキーワードまとめ

戦略、アイデア、言語化、予測

2位:活発性

活発性という資質を持つ人は、アイデアを実行に移すことにより結果をもたらします。じっとしていることができないことが多いものです。

「活発性」の特徴

・動き出したくてうずうずしている。じっとしていることができない
・行動だけが有意義で、行動は最良の学習手段であると考えている。決断し、行動し、結果をみて、そして学ぶ。
行動がなければ成長できないため、危険を冒してでも行動し続けなければならないと考えている。
・発言したことや考えたことによってではなく、実行したことによって判断されると考えている。
アイデアを実行に移すことにより結果をもたらす。
・人が自分に伝えた最高のアイデアに注目する。
・自分のくせ、性格、経験、背景などを包み隠さずに話す性格のおかげで、他の人はそれぞれの考えや感情を共有する。
強い緊迫感も併せ持っているため、すばやく結果を生み出すことかできる。
・チームの中では聞き役になり、誰かが発言した後、その鍵となる考えを述べる。それにより彼らの考えが持つ価値が明確になる。
・自分自身に精神的な厳しさを求めることで、プロジェクトや計画に着手する準備を整える。
・アイデアを行動に変える方法を生まれつき知っており、物事を実現させる
・自分のエネルギーが伝染し人を惹きつけ、スピードの速さが、同僚を巻き込む
・物事を実現させたいという意欲、議論だけにと留まっている同僚やグループに対して、行動へ移す後押しができる。

「活発性」の注意点

・具体的な計画を立てずに突き進んだり、行動に移したりすることがあります。
・人を急いで行動に移させるエネルギーに相手は圧倒されてしまい、無理強いされていると感じさせる可能性があります。
・会議では、次にやるべき項目を尋ねましょう。会議終了前に、グループに次にやることをコミットさせる人になってください。

「活発性」でうらたくを理解するキーワードまとめ

即断・即決・即行動、スピード、エネルギー、緊迫感、巻き込む、実現

3位:個別化

個別化という資質を持つ人は、一人一人が持つユニークな個性に興味をひかれます。異なるタイプの人たち の集団をまとめ、生産性の高いチームを作ることに長けています。

「個別化」の特徴

・個人個人の違いに注目し、ひとりひとりが持つユニークな個性に興味を惹かれる。
・本能的にそれぞれの人の性格、動機、考え方、関係の築き方を観察している。
・友達にぴったりの誕生日プレゼントを選ぶことができる。
・一から十まで説明して欲しい人と、一を示せば十を知る人とに合わせて、教え方を調整できたりする。
・ほかの人の強みをとても鋭く観察するため、ひとりひとりの最もよいところを引き出すことができる。
・優秀なチーム作りの秘訣は、各自が得意なことを充分に発揮できる、強みに基づく配役であることを本能的に知っている。
・異なるタイプの人たちの集団をまとめ、生産性の高いチームを作ることに長けている。
・さまざまな背景をもつ人や興味の異なる人に、お互いに協力して生産的に働く方法を示すことができる。
・未来を考える人たちの手助けを好む傾向がある。
・過去にこだわるような人にストレスを感じる傾向がある。
・他人の希望、恐れ、喜び、悲しみを直感的に理解し、他人の考えや感情を簡単に見抜くことができる。
・一人ひとりの個性を見つけて尊重し、全員を同じには扱わない

「個別化」の注意点

・好き嫌い、モチベーション、ニーズについて配慮が見られないと、相手に失望する場面もあるかもしれません。
・あなたの好みはあなたが伝える必要があります。

「個別化」でうらたくを理解するキーワードまとめ

個性、観察、生産的、見抜く、調整

4位:最上志向

最上志向という資質を持つ人は、強みを利用して、平均的ではなく最高の水準を、個人ないしは集団において 追求します。単なる強みを最高レベルのものに変えようとします。

「最上志向」の特徴

優秀であること、平均ではなく。平均以上の何かを最高のものに高める。
・強みを示す明らかな徴候を探し求める。
・一旦強みを発見すると、それを伸ばし、磨きをかけ、優秀さへ高めずにはいられない
強みを高く評価してくれる人や、功績を認めてくれる人たちと一緒に過ごすことを選ぶ。
・自分の強みを発見しそれを伸ばしてきたと思われる人たちに惹かれる。
・型にはめて、弱点を克服させようとしたり、短所を強調するような批判的な人々を避けることがある。
強みを利用して、平均的ではなく最高の水準を、個人ないしは集団において追求する。
・自分の得意なことや、不得意なことがよくわかっている。
・さまざまな方法で自分の能力を試そうとする。
・相手の意見を聞かなくても、その人の立場に立って物事を見ることができ、その人が何を感じているかを直感的に汲み取る。
クオリティーを重視し、最高の仲間最善の仕事をすることを好む。
・各人が最も得意とすることを理解し、それを実行するよう促して、個人、チーム、グループを向上させる。

「最上志向」の注意点

・プロジェクトやイニシアチブがあなたにとって優秀なレベルに達していないと落胆することがあります。
・妥当な結論を出して先に進みたいと考える人を苛立たせる可能性があります。

「最上志向」でうらたくを理解するキーワードまとめ

優秀、最高、強み、改善、クオリティ

5位:自我

自我という資質を持つ人は、他人の目から見て非常に重要な人間になることを望んでいます。独立心に富み、 人から認められたいと思っています。

「自我」の特徴

意義のある人間として他人の目に映りたいと思っている。承認されたい。聴いてほしい。突出したい。知られたい。
・持ち前の独自の強みで人に知られ、評価されたいと思っている。
・信頼でき、プロフェッショナルであり、そして成功している人として、尊敬を受けたいと感じている。そしてそんな人と働きたい。
独立心旺盛で、仕事を単なる業務ではなく、自分の生き方そのものにしたいと考えている。
・その仕事を好きなようにやらせて欲しいし、又は自分のやり方でやるための余地を与えて欲しいと考えている。
・意図的に、知識豊富で、信頼できる、洗練された人と思われるようにしている。
・周囲の人がもっと強くなるように力付けることができる。
目標達成成果貢献がモチベーション。大きなインパクトを与えることに駆り立てられる。
・向上を続けようとしている人とコラボレーションすることを好む。
・組織や周囲の人々に与える影響の大きさに基づいてプロジェクトに優先順位を付けます。
・重要なことを遂行することに駆り立てられ、良い影響をもたらすことに一心不乱に取り組む。
・成功をもたらすために懸命に働く自分の意欲と多大な貢献に敬意を払ってほしいと考えています。

「自我」の注意点

・自分の評判や成功を過度に気にしていると見なされることがあります.
・自分の弱さを隠したり抑制しているような印象を与えることがあり、周囲の人はどうサポートできるかわからないことがあります。

「自我」でうらたくを理解するキーワードまとめ

承認、独立、目立つ、自由、意義

弱みは強みから出る

5つの強みは「戦略性」「活発性」「個別化」「最上志向」「自我」ということが分かりました。

では自分の弱みは一体何なのでしょうか?

34資質のうち、下位に属する資質が自分の弱みだと思いがちですが、実はそうではないようです。自分の弱みは5つの強みから出ると言われています。

5つの強みは、自分が最も強く表現されている資質なので、うまく活かし切ることができないと、それが裏目となって弱みになってしまうということです。

つまり、自分の強みを認識し、うまく活かせるように考えることが重要なのです。

5つの強みをどう活かすのか?

ストレングスファインダーの結果を受けて、自分なりに5つの強みと性格をどう活かすのかを考えてみました。

それは「チームを作り、適材適所で人に頼る」です。

面倒くさがりでできるだけ自分の手を動かしたくないと考えている僕は、いつもサボることや効率化することを考えています。でも仕事の手を抜きたいわけではなく、最小の労力で最大の成果を生み出したいと考えています。また、自分の得意な領域や強みを活かせるポジションでこそ最大のパフォーマンスが出せるし、自分にできないことはそれが得意な他の人がやった方がパフォーマンスが最大化すると考えています。

そこで、何かやりたいことや成し遂げたい目標があったときには、プロジェクトチームを組織し、その人それぞれの強みに基づいた配役を考え、適切な役割を任命します(個別化)。

チームのマネジメントや全体の戦略、ファシリテーションなどは自分が担い(戦略性)、とにかく先頭に立って進むべき道筋を示して、メンバーが最大パフォーマンスを発揮できる環境を作ります(活発性・自我)。

そしてメンバーそれぞれが自分の役割を最大限理解し、任務を全うすることでチームとして最大の成果をあげます(最上志向)。

まだまだ抽象的ですが、こんな風に自分の強みをもとに自分のスタンスを示しておくと、自分が迷うことがなくなる以外にも、他人に自分の仕事のスタンスを理解してもらうことにも繋がります。

・個人ではなくチーム
・考えることは得意で実行は苦手
・エネルギーがあって先頭に立って引っ張ることができる
・せっかくやるなら最高を目指したい

このくらいの事をわかってもらえるだけでもかなり仕事が進めやすくなるんじゃないかと思っています。

まとめ

今回は僕のストレングスファインダーの34資質を全て公開し、さらに上位5つの強みについて詳しく解説をしてみました。

僕は自己開示が得意な方ではないので、ぜひこの記事を通して僕のことを少しでも知って頂ければ幸いです!

タイトルとURLをコピーしました